女の人

大人でも現れやすいにきびは美容整形外科に相談

肌に跡を残さないために

鏡を見る女性

炎症を起こしている期間

にきびは、毛穴に入り込んだアクネ菌が増殖し、それによって肌が炎症を起こすという皮膚疾患です。体内には細菌を撃退する免疫細胞があるので、その働きでアクネ菌が除去されれば、炎症もおさまります。つまりにきびは、自然治癒する皮膚疾患ということです。ところがアクネ菌の増殖の勢いが強いと、免疫細胞による撃退に、それだけ多くの時間がかかることになります。つまり炎症を起こしている期間が長くなるということですから、これにより肌には様々な問題が生じるようになります。たとえば、炎症性の色素沈着が起こったり、肉芽が多く作られて盛り上がったりするのです。これらは、炎症がおさまった後も、肌に長く残り続けます。そのためにきびが悪化しそうな場合には、早めに美容皮膚科や美容整形外科を受診して、治療を受けることが肝心となります。治療により炎症の期間が短くなれば、それだけ肌にはにきび跡が残りにくくなるのです。また、仮に残ったとしても、美容整形外科ではそれを除去することが可能となっています。

レーザーを使った治療

美容皮膚科や美容整形外科では、具体的には炎症を抑える塗り薬による治療がおこなわれます。また、免疫細胞によって撃退されたアクネ菌が、膿となって皮下にたまっている場合には、それが除去されます。こういった治療により、肌はスピーディに健やかな状態に戻るのです。また、跡が残った場合の美容整形外科での治療は、レーザー照射によっておこなわれます。炎症性の色素沈着には、色素を熱で破壊するタイプのレーザーが、肉芽による盛り上がりには、削り取るタイプのレーザーがそれぞれ使われます。いずれの場合も、にきびによる跡は除去され、肌は白く平らな状態となります。また、先述したようににきびは、アクネ菌が毛穴に入り込むことが原因です。そのため美容整形外科では、毛穴を引き締めることでアクネ菌の侵入を防ぐというレーザー治療がおこなわれることもあります。マイルドな熱を持つレーザーを照射することで、肌を温めて活性化させ、それによって毛穴の開きを改善するのです。これにより、にきびが再び生じる可能性は低くなります。