女の人

大人でも現れやすいにきびは美容整形外科に相談

肌のトラブルと治療

ドクターとナース

美容整形外科では、にきびの治療や整形が行われるようになっています。しかし跡が残ってしまうと言うことになれば、簡単に治療をすることが難しくなっています。美容整形外科では、にきび跡の種類に合わせて整形が行われるようになっています。そのなかで赤みがあるにきび跡に悩まされているという人がいます。この場合効果がある整形の方法としては、ケミカルピーリングとなります。このほかにはビタミンイオン導入という方法もあります。ケミカルピーリングとはどのような特徴があるのかというと、専用の薬を塗ることで、肌の古い角質をはがしてターンオーバーを活性化させるという効果があります。この方法は新しい角質の生成を促すことができます。また普通の洗顔では落とすことができなかった毛穴の汚れを取り除くことができます。したがって以前のような健康的な肌を取り戻すことができます。色素が沈着している場合には、内服薬やビタミンイオン導入が行われています。ビタミンイオン導入は、微弱な電流を流して肌の深いところまで成分を浸透させるという方法です。

にきび跡で肌の表面のでこぼこがひどいという場合もあります。このような場合はケミカルピーリングやイオンビタミン導入では対処をすることが少し難しくなっています。そこで効果的な方法としてレーザー治療があります。これはでこぼことしている段差をなめらかにすると言う効果があります。このほかにはヒアルロン酸を注入して治療をすることができます。気になるところにヒアルロン酸を注入することで、段差を減らして目立たなくさせることができます。自宅で行われているケミカルピーリングに関しては、石鹸や美容液などを利用して古くなった角質を落とすことができます。その中で必要な角質まで落としてしまうことがあるので、やはり美容整形外科で行われている方が、にきびの状態にあわせた治療をすることができます。皮膚科で治療をすると考えられていることが多くなっていますが、実際には美容整形外科でも治療を受けることができます。ここではにきびを悪化させているアクネ菌を殺菌するというような治療も行われています。